修了者

堀 仁実さん (クリティカルケア特定認定看護師)
【外科術後病棟管理領域パッケージ 修了】

修了者

特定行為研修の受講はICUから外科系病棟への異動がきっかけでした。全身の集中管理に特化したICUと療養環境が全く異なる病棟では、患者さんの病状変化にいち早く気づくこと、タイミングよく適切な医療を提供するためにチーム医療の要となることがより一層求められます。自分に必要とされる知識や判断力、実践力を習得する好機として特定行為研修に魅力を感じ、受講を決めました。
仕事と両立させながらのe-ラーニングに始まり、授業のある登校日、勤務先での症例経験、さらに試験もあり、なかなか大変でしたが、それ以上に現役の看護師だからこそ得られる学び、深まる学びが多くありました。なかでも登校日の授業は、医学部の臨床経験豊富な指導医の先生方が臨床判断の道筋や実技のコツなどを分かりやすく熱心に教えてくださるので、日々の臨床現場に近い状況を想定した学びは面白くて充実感がありました。
研修を修了し、職場ではさらにフォローアップを行い、一部の特定行為の実践活動を開始したところです。現在はICU配属となりましたが、人工呼吸器装着中の患者さん、ドレーン挿入中の患者さんなど、連続した看護のなかで特定行為実践の機会を拡大していく計画です。チーム医療の要となって貢献できるように尽力していきたいです。
この研修への参加は仕事を別の角度から見る機会にもなり、自分のキャリアを考えるうえでも有意義な時間を過ごせたと思っています。実際のところ、もっと早く身に付けておきたかったと思える学びがたくさんありました。看護職のキャリアアップの基盤となるものとして、認定看護師に限らず、中堅以上のナースには特定行為研修の受講をお薦めしたいです。